クールランニング挿入歌は?ボブスレーチームのテーマ曲と音楽が素敵!

冬季オリンピックをテーマとした不朽の名作といえば「クールランニング」ですよね。実話をもとにつくられたフィクションではありますが、雪を知らない南国の4人の選手がボブスレーでオリンピックに出場するというコメディストーリーです。

コメディストーリーではありますが、メダルではない価値のあるものを得られた主人公たちには感動してしまいます。何度見ても心が揺さぶられますし気持ちが晴れやかになるストーリーですよね。

そのストーリーを演出しているのはほかでもない挿入歌であるレゲエミュージックではないでしょうか。
テーマソングとして大ヒットとなったジミークリフのI can see clearly nowをはじめてクールランニングの曲について深堀していきたいと思います。

目次

クールランニングのテーマソングはI can see clearly now

クールランニングの主題歌ともされる曲といえばI can see clearly nowですよね。
映画を見たことがない方でもこの曲を知っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私も映画を見る前から知っている曲で気持ちが晴れやかになるメロディーで好きな楽曲でした。

実はクールランニングが公開された1993年に主題歌としてヒットをした楽曲なのですが、それより前の1972年にリリースされた楽曲なんです。映画で歌っているのはジミークリフ、原曲はジョニーナッシュなんです。

Jimmy Cliff(ジミークリフ)が歌うI can see clearly now

1993年クールランニングの公開とともに主題歌としてジミークリフの歌うI can see clearly nowが大ヒットしました。
ジミークリフはジャマイカ人のレゲエシンガーで本名はジェイムズ・チェンバース(James Chambers)と言います。

代表曲はもちろんこのI can see clearly nowですが、映画ライオンキングのハクナマタタを歌ったことでも有名です。

Johnny Nash(ジョニーナッシュ)が歌うI can see clearly now

ジミークリフが歌い大ヒットした楽曲ですが、もともとはジョニーナッシュが1972年にリリースした楽曲でした。
作曲と編曲を行ったのもジョニーナッシュです。

ジョニーナッシュは1960年後半から70年代にかけて多くのヒット曲を出したレゲエポップシンガーなんです。
もうお亡くなりになってしまいましたが、ジョニーナッシュのI can see clearly nowも100万枚以上を売り上げとなり、ビルボード・チャートで1位を獲得したんです。

レゲエといえばレゲエの神様ともいわれるボブマリーのカバー曲を収録されたアルバムも出しています。
ジョニーナッシュはアメリカ出身であり、アメリカとジャマイカをつないだシンガーとして、レゲエミュージックを広めた素晴らしいシンガーだったんです。

キムタク主演ドラマ「エンジン」のエンディング曲としても起用

I can see clearly nowはクールランニングを見たことがない方も聞いたことがあるのはおそらくキムタク主演のドラマ「エンジン」で起用されていたからだと思います。

ドラマ「エンジン」のエンディング曲として、キムタクがこの曲に合わせて歩いているエンディングが記憶にある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クールランニングのオマージュのような演出もあり、エンジンの制作はクールランニングを参考にされたのかなと考えられますよ。

出演:木村拓哉, 出演:小雪, 出演:堺雅人, 出演:岡本綾, 出演:泉谷しげる, 出演:松下由樹, 出演:原田芳雄, 出演:高島礼子, 出演:夏帆
¥15,135 (2022/02/09 10:33時点 | Amazon調べ)

クールランニングできたできたよの曲はThe Wailing Souls(ウェイリングソウルズ)

クールランニングの劇中で歌われている「できたできたよ」の曲は「The Wailing Souls」という曲です。
昔テレビで放送されていたときに日本語訳とメロディーが頭から離れないって方が続出されたんですね。

テレビ放送の翻訳は担当された方によって異なることが多いようで、The Wailing Soulsは「できたできたよ」という印象のある方から「みんな驚くかもね」や「しんじられないかもね」などバリエーションがあります。

テレビ放送と配信バージョン、DVD等で異なるようですが、「できたできたよ」はテレビで放送された内容のもので、現在サブスクリプション動画配信やDVD等では「み・ん・な 驚くかもね ジャマイカ生まれのボブスレーチーム し・ん・じ られないかもね ジャマイカ生まれのボブスレーチーム」となっています。

ジミークリフの楽曲はサブスク解禁されていて、amazon music unlimitedにて聴き放題になっています♪


amazon music unlimited1ヶ月無料体験ができるので、その期間内であれば無料で聴き放題!

\7500万曲が広告なしで聴き放題 /

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。
無料期間終了後もなんと月額780円で楽しめます

4ヶ月目以降は月額980円(プライム会員は780円)かかりますが、これだけの曲をいつでも好きな時に聴けるとあればかなりコスパが良いですよね♪

まとめ

冬季オリンピックを題材にした不朽の名作であるクールランニングの楽曲について深堀しました。
テーマソングとして有名なI can see clearly nowはもともとアメリカ出身のジョニーナッシュによってリリースされた楽曲でした。彼がジャマイカとの橋渡しとなりレゲエミュージックを広げたといっても過言ではありません。

映画公開の1993年にジミークリフが歌い再びヒットを飾りましたね。
日本でもキムタク主演のドラマのエンディング曲としても使用され世界中で愛されている曲でした。

劇中のできたできたよ翻訳が有名なフレーズも耳に乗っていますよね。

晴れやかになるレゲエミュージックに乗せて陽気で感動的な映画クールランニングは本当にいい作品です。

最後までご覧くださりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる