ドラマsilent佐倉想はなぜ話せない喋らないのか病気の内容を解説

2022年秋注目のドラマ「silent」。

大人気女優・川口春奈さんと人気アイドルグループ・Snow Manの目黒蓮さんが共演ということでも話題になっていますね!

目黒さんが演じる「佐倉想」は話ができない青年で、とても難しい役なんです。

いったい想は何が原因で話ができなくなってしまったのでしょうか?

また、ドラマ「silent」の原作についても調査してみました!

今期ドラマ「silent」の想はなぜ話ができないの?
病気が原因?

\この記事を読んでわかること/
  • ドラマ「silent」の想が話せなくなってしまった原因について
  • ドラマ「silent」の原作について
目次

ドラマsilentが今期ドラマで話題に

2022年10月からスタートしたドラマ「silent」は、若い世代を中心に話題を集めています!

主演・川口春奈さん共演は人気アドイドルグループ・Snow Manの目黒蓮さんという大人気のお二方です♪

幻冬舎
¥2,420 (2022/10/12 19:00時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

あらすじ

主人公の青羽紬(あおば・つむぎ/川口春奈)は8年前に、一生をかけて愛したいと思えた恋人との別れを経験し、新たな人生を歩もうと前を向いて生きている一人の女性。

そんな紬と大切な人との出会いは高校2年の秋、たまたま朝礼で耳にしたある男子生徒の声に惹(ひ)かれたことがきっかけでした。

壇上で作文を読む、佐倉想(さくら・そう/目黒蓮)に心を奪われた紬は、次第に彼が気になる存在になっていることに気づきます。

3年生で同じクラスとなり、共通の友人を通してだんだんと距離が縮まっていった二人は付き合うことに。

音楽好きというお互いの趣味で通じ合い、仲を深めていった二人でしたが、卒業後のある日、これからも一緒にいたいと思う紬に対し、想は突然、理由も言わずに別れを告げて姿を消してしまいます。

それから8年という月日が流れ、新たな人生を歩み始めていた紬でしたが、ある日、偶然、雑踏の中に想の姿を見かけたことをきっかけに、再び彼の存在を意識するようになっていきます。

もう一度、想に会ってちゃんと話をしたいと彼の姿を探し始めた紬でしたが、実は彼が徐々に耳が聞こえにくくなる“若年発症型両側性感音難聴”を患い、聴力をほとんど失っていたという思いがけない現実を知ることになって…。

ドラマ・silent オフィシャルサイト

主な登場人物

青羽 紬(あおば つむぎ)
演・川口春奈

本物語の主人公。
地元の短大を卒業後、上京。
26歳になった現在は、CDショップ店員としてアルバイトをしている。
高校生の頃、想と交際していた。
佐倉 想(さくら そう)
演・目黒蓮(Snow Man)

紬の高校時代の元恋人。
18歳の頃、あることが原因で話ができなくなってしまう。
人との関わりを拒み、現在は在宅で校閲の仕事をしている。
出演:Snow Man
¥4,927 (2022/10/12 19:01時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ドラマsilent佐倉想はなぜ話せない?どんな病気 ?

目黒さん演じる想は話すことができません。

それは18歳の頃にある病気を患ったことが原因でした。

それは、

若年発症型両側性感音難聴

(じゃくねんはっしょうがたりょうそくせいかんおんなんちょう)

という病気です。

若年発症型両側性感音難聴とは

40歳未満の若年で発症する病気。

両耳とも徐々に聞こえが悪くなってしまう難聴が主な症状の指定難病。

難聴以外の症状として、めまいや耳鳴りを伴うことがある。

明確な原因は不明だが、主な原因は遺伝子異常が理由とされているので、親子間で遺伝することもある。

難聴を治す治療法は未だ確立されていない。

この「若年発症型両側性感音難聴」が原因で話すことができなくなってしまったんですね。

ストーリーでもだんだん聞こえなくってしまったことが描写されていて今では完全に聞こえていないのがわかります。

しかし18歳まで聞こえていたので話すことは可能なのでは?という声も。

ドラマsilent佐倉想は妹の前では話した!(喋った)

ドラマ3話で佐倉想が暮らす家に妹の佐倉萌が訪れました。

母親に様子を見に行くように頼まれ、兄の家を訪ねたシーンです。

このシーンでなんと佐倉想は初めて喋って視聴者の皆さんはかなり驚かれたのではないでしょうか。

「萌、何しにきたの?」

3話まで一切声を発することがなかった佐倉想がついに喋ったシーンです。

やはり話せない、喋れないのではなく家族の前以外では話さなかった、喋らなかったというのが正しかったようですね。

耳が聞こえていないので発音を自分で聞き取ることができないため、発音に違和感がありますよね。

聞こえていない人の発音の仕方で喋っている目黒蓮さんが凄いという意見も出ていました。

大変難しい役柄をこなしている目黒蓮さん、素晴らしいですね。

家族の前では喋る姿を見せてくれた佐倉想ですが今後、紬の前で喋ることはあるのでしょうか。

二人の関係性がどう展開していくのか目が離せないです!

ドラマsilentの原作や元ネタについて

ドラマ「silent」には漫画や小説などの原作があるのかどうかも気になるところですよね!

「silent」は原作や元ネタがあるのか調べてみました!

原作や元ネタは?

ドラマ「silent」は完全オリジナルのドラマです!

原作はなく、脚本家・生方 美久(うぶかた みく)さんによるオリジナルストーリーです!

原作がないので、どんな展開で進んでいくのか予測できないところも人気の一つかもしれませんね♪

脚本家・生方美久の過去作品

生方さんは新進気鋭の29歳の若手脚本家なんです。

連続ドラマの脚本を手がけるのは今回が初めてということでも話題になっています!

過去の作品では受賞経験もあり、これからの活躍が最も期待される脚本家の1人です。

受賞作品一覧

2019年

伊参スタジオ映画祭シナリオコンクール2019 奨励賞(中編の部)

「5月と春の花」

2020年

伊参スタジオ映画祭シナリオコンクール2020 奨励賞(短編の部)

煙に隠して」

第46回城戸賞 佳作

ベランダから」

2021年

第33回フジテレビヤングシナリオ大賞 大賞

「踊り場にて」

第47回城戸賞 準入賞

グレー」

生方さんは同じく脚本家の坂本裕二さんを最も尊敬していると語っています。

坂元裕二さんは、若手脚本家の登竜門でもある「フジテレビヤングシナリオ大賞」の大賞受賞を経験していました。

それがきっかけで、生方さんも「フジテレビヤングシナリオ大賞」に応募したそうですよ♪

そして、生方さんは「フジテレビヤングシナリオ大賞」の3回目の応募作品である「踊り場にてで見事、大賞を受賞しました。

「踊り場にて」とは

プロのバレリーナを目指して海外で活動をしていた女性が主人公の物語。

バレリーナの夢を諦めて帰国後、挫折した主人公は無気力なまま教師として実家の近所の高校で働きます。

高校に通う生徒たちの「夢に向かう姿」に関わるうちに、次第に自分の「夢への諦め」を見つめ直して一歩前へ踏み出して行くという青春を交えたヒューマンドラマです。

生方美久脚本のドラマ「踊り場にて」をもう一度無料で見たいならFOD premiumです。

FOD premium1ヶ月無料体験ができるので、その期間内であれば無料で視聴できます!
フジテレビのドラマが見放題ですよ♪

\ 会員限定で最大1200ポイントGET /

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

まとめ

今回はドラマ「silent」について調査してみました。

目黒さんが演じる佐倉想は「若年発症型両側性感音難聴」という指定難病を患っている役です。

症状は難聴の他に、めまいや耳鳴りなどを合併する場合もあるそうです。

また、「silent」の原作についてですが、原作はなく、完全オリジナルストーリーです!

この先も見逃せない展開になること間違いなしのドラマ「silent」。

今後の展開に注目していきたいですね♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

ドラマ「silent」をもう一度無料で見たいならFOD premiumです。

FOD premium1ヶ月無料体験ができるので、その期間内であれば無料で視聴できます!
フジテレビのドラマが見放題ですよ♪

\ 会員限定で最大1200ポイントGET /

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次