滝沢歌舞伎2022申し込み方法は?先行販売申込のやり方を解説

滝沢歌舞伎ZERO2022の公演が決定しましたね。
新橋演舞場の4月5月公演の先行販売がスタートしています。
Snowman主演ということもありばっちり当選して見に行きたいですよね。

申し込み方法が複雑でよくわからなくなってしまう方も多いのではないでしょうか。
簡単に情報をまとめていますので参考にしていただければと思います。

目次

滝沢歌舞伎 ZERO 2022申し込み期間や締切はいつ?

滝沢歌舞伎ZERO2022の公演発表が2021年2月2日に発表となりました。
そしてなんと発表同時に申し込みがはじまるというスピードでびっくりしましたよね。
心の準備もできていないしスケジュールも確認しなくてはならないしてんやわんやでした。

<公演日程&チケット概要>

公演日程:2022年4月6日(水)~5月16日(月)
S席:13,000円
A席:7,000円

申込期間は以下の6日間となっています。

申込期間:2/2(水)〜2/7(月)12:00まで

当選発表は2月22日、入金手続きは2月24日23:59までというスケジュールになっています。

公演日程により申し込み方法が異なる

滝沢歌舞伎の申し込み方法ですが、1公演につき2枚まで申し込みができます。
そして申し込み方法は公演日程によって申込フォームが異なっています。

初日か千秋楽を申し込む場合Aと、その他の公演Bでは申し込み方法が異なるのです。

A:初日もしくは千秋楽は第2希望まで申し込み可能

B:その他の公演は第3希望まで申し込み可能

初日や千秋楽は大変人気の日程なので申し込み方法が分けられているのだと思いますが複雑ですよね。
初日もしくは千秋楽の応募は第2希望までしか応募できませんのでご留意くださいませ。

初日:4月6日(水)17:15公演
千秋楽:5月16日(月)17:15公演

第4希望をいつでも良いにするのは注意が必要

こちらは複数名義で応募する場合の注意事項になります。

複数の名義で申込をする場合、Bの公演の申込方法として「いつでも良い」を選ぶ場合は注意が必要となります。
他の名義で希望を出している日程と被ってしまったら申込が無効になる可能性があります。

例)スノ名義で第一希望4月8日、第二希望9日、第三希望10日、第四希望いつでも良いにして、4月13日の公演が当選した場合、情報局名義で応募した際の希望日に4月13日が入っていれば無効になります

申込者と同行者の入れ替え申し込みはできる?

1公演につき2枚まで申し込みが可能となりますので申し込み方法としては申込者と同行者というかたちで名前を入れて申し込みます。

公演日時が重ならなければ同行者と申込者の入れ替え申し込みは重複にはなりません。
つまり同行者と申込者を入れ替えて同日公演の申し込みはできないということになります。

希望する日程がかぶらないように申し込みをすればOKです。

申込者と同行者入れ替えの同日公演申込は無効

第1希望、第2希望と被らないように重ならないようにしなければダメということです。
第3希望まで申し込む場合はしっかり確認することが必要です。

初日や千秋楽を申し込む場合は入れ替えの申し込みができないようになっているのですね。
抽選が平等に行われるようになっているとは思いますが複雑ですね。

1名義につき1応募の申し込み!多名義のほうが有利?

今回の応募に関してはファンクラブの1名義につき1応募できるというシステムになっています。
つまり、Snowmanとジュニアの名義を2つ持っていれば2応募できるということです。

1会員番号につきA+B(それぞれ1公演のみ)申込可能

但し、注意事項として同日公演に応募はできません。
OK:スノ名義で初日、情報局で千秋楽を申し込む
NG:スノ名義で初日、情報局で初日を申し込む

上記のことから多名義のほうがチケットを取れる確率が高くなるということになります。

多名義とは友人などにお願いしてファンクラブに入ってもらい、自分がその名義を利用してチケットに申し込みをするということになります。よくTwitterなどで募集がありますが個人情報を提供することになりますので安易にやるのはやめておいたほうがいいと見解しています。

まとめ

滝沢歌舞伎2022チケットの申し込み方法についてまとめました。
申込方法は公演日によって異なり、初日もしくは千秋楽と他の日程とで分けられています。
同行者と申込者を入れ替えて申し込みをする場合は同日公演がかぶらなければ申し込みが可能です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次