愛知県岡崎市|大腸菌排泄物給食はどこの学校?校長がすごいと話題!

愛知県岡崎市の学校給食から大腸菌が発見され、給食に人間の排泄物が混入していたというニュースが衝撃的でしたよね。

校長先生が検食の段階で気づいたため生徒たちに被害はなかったようですがぞっとする内容です。

事件が起きたのは2021年の10月頃だと報道されていますね。

どこの学校なのか気になる方も多いのではないでしょうか。

今回は該当の愛知県岡崎市の学校について調査してみました。

目次

学校給食から大腸菌が発見

事件は2021年10月に遡りますが当時の報道では「大腸菌」が発見され、給食の提供を停止したとされていました。

手を洗わなかったりして大腸菌が発見されるケースはあるようですが、実はこの大腸菌は人間の排泄物であったことがわかり、疑われている女性職員が書類送検されたと報じられたのが最近の出来事なんですね。

給食を提供している学校では生徒たちに提供する前に校長先生や職員が「検食」することが義務づけられており、こちらの学校では校長先生が異臭異変に気づき生徒たちに被害がおよばなかったとされています。

検食の重要性を世間に知らせてくれたニュースでもありますよね。

校長先生が検食をしっかり行っていなければ…と考えるとぞっとするという声もあがっていました。

給食は岡崎市内の給食センターから提供

どのタイミングで異物混入がされたのかを考えてみると、検食の直前なのではないかという意見が多数多く見受けられました。

というのも愛知県岡崎市の学校給食は学校内ではなく給食センターで調理されたものが学校に運ばれて提供されているようです。

岡崎市の給食センターは4つあることがわかりました。

  • 岡崎市東部給食センター
  • 岡崎市西部給食センター
  • 岡崎市南部給食センター
  • 岡崎市北部給食センター

この4つのセンターのどこかはわからなかったですが、

いずれかの給食センターから67小中学校に提供されているという情報が明らかになっています。

他の学校では問題なく、給食センターにも問題はなかったそうです。

学校で給食配膳の仕事をされていた方の意見からすると、給食センターから給食が運ばれてきてから検食が行われるまでは配膳室に置いてあるようでそこは簡単に出入りができるところではないようです。

給食が始まる前に職員様の給食ワゴンを職員室まで運び、校長先生に検食してもらう分を取り分けるという流れが一般的なようで、おそらくそのタイミングで混入したのではないかと考えられています。

愛知県岡崎市の公立学校

大腸菌給食と報道された学校は一体どこなのでしょうか。

給食センターから67の小中学校に配給されていること、報道では「愛知県岡崎市の公立学校」であることが明らかになっています。

  • 岡崎市内小中学校(67校中のどれか)
  • 岡崎市内の公立学校

岡崎市内の公立小中学校は、小学校が47校、中学校が20校あります。

おそらくその中のどれかではないかと考えられます。

愛知県岡崎市の小学校が有力説

岡崎市内公立の小中学校67校中のどれかと考えられますが、ネット上では該当の給食センターで働いていたという方からお寄稿を発見することができました。

どこの小学校だったか知っています。
以前、給食センターで働いていた時に、この騒動に遭遇しました。自分は洗浄の仕事でしたが、給食を処分したので、常備していたレトルトカレーを代わりに給食で出したと聞きました。
給食も沢山の人が一生懸命作って提供しています。すべて廃棄されました。
給食センターも疑われました。
この犯人許せないです。

私も学校知ってます。そして私も給食センター勤務で、調理のほうです。
この事件聞いた時、すごいショックでした。
結構な労力かけて、異物混入ないか神経張り詰めて作るのに。
学校で働くということは、教員とか事務員に関わらず、子供たちの手本となるべき人なのに…本当許せないですね。

寄稿の中で「小学校」と言及されているので該当の47校ある小学校のうちのひとつであることが考えられます。

岡崎市内にある小学校一覧はこちらで確認することができます。

ピンポイントに特定はできなかったですがおそらくこの中のどれかの小学校ではないかといわれているようです。

まとめ

愛知県岡崎市内の公立学校で発生した給食異物混入についてどこの学校なのかについて調査しました。

愛知県岡崎市の学校給食はほとんど給食センターで調理されて各学校へ運ばれていくようですが事件当時他の学校や給食センターに異常はなかったことが明らかになっています。

報道されている内容やネットの寄稿からすると岡崎市内の小学校ではないかと考えれます。

いずれにしても起きてはならないことですし想像するだけで気分が悪くなりますよね。

大きな被害にならなかったことが不幸中の幸いというところでしょうか。

最後までご覧くださりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次