ウィルスミス妻ジェイダの病名は?脱毛症の侮辱内容がひどいと話題

ウィルスミスのアカデミー賞での事件が波紋を呼んでいますね。

ウィルスミスが妻(ジェイダ)の脱毛症について司会者に侮辱され我慢できずにビンタしてしまったという内容です。

こちらの記事を読まれている方はこんな疑問をお持ちではないでしょうか。

どうしてウィル・スミスはビンタしてしまったの?
ウィル・スミスの奥さんはどんな人?
どんな病気なの?

\この記事を読んでわかること/
  • ウィル・スミスが司会者をビンタした理由
  • ウィル・スミスの奥さんについて
  • ウィル・スミスの奥さんの病気について
目次

ウィルスミスが司会者にビンタしたのはなぜ?

なぜウィルスミスは、大事なそして世界が注目しているアカデミー賞で司会者にビンタしてしまったのか、それにはちゃんと理由がありました。

司会者がウィルスミスの妻、ジェイダの病気による見た目を侮辱したのです。

後ほど詳しく載せますが、ジェイダは病気により髪が抜け、悩んだ挙句刈り上げにしているのです。

司会者が壇上で、そんなジェイダの坊主頭について、髪を短く刈り上げた女優が出ている映画『G.I.ジェーン』と掛け合わせて、侮辱したのです。

会場にいた観客はその冗談に笑っており、ウィルスミスも最初は笑っていました。

しかし、ジェイダが悲しい表情をしているのに気がついた瞬間、態度が一変し壇上に上がりビンタしてしまったのです。

暴力を振るうというのは、決して良いこととは言えませんが、自分の大切な人が悲しい思いをしたとなれば、怒るのも無理はないですよね。

ウィルスミスの奥さんはジェイダ

ウィルスミスの奥さんジェイダさんについて簡単にご紹介致します。

生年月日:1971年9月18日(50歳:2022年現在)

映画「マトリックス」やドラマ「しあわせの処方箋」など有名な作品にも出ている女優さんです。

現在も50歳とは思えない美貌を保っていますが、昔は更に綺麗だったと言われています。

実はジェイダはウィルスミスの2番目の奥さんなのです。

ウィルスミスは1995年に前妻のシェリー・ザンピーノさんと離婚をし、その2年後の1997年にジェイダと再婚しています。

2人はテレビ番組での共演をきっかけに出会い、その後の食事会で再開してお付き合いに発展したそうです。

その後順調に進み、結婚。

そして現在は息子と娘さん2人のお子さんもいらっしゃいます。

ハリウッド界でもお似合いのおしどり夫婦と有名です。

ウィルスミス妻ジェイダの病気とは

ジェイダの病気は「脱毛症」

2021年にインタビュー記事で、「ここ数年のショートヘアの理由は脱毛症」と公表しているので、
ここ数年の間に脱毛症しなってしまったようです。

当時、ジェイダさんは専門の医師に診察を受けたのですが、原因は全くわからなかったそうです。

急に髪の毛が抜け始め、理由がわからないってとても怖いですよね。

40代〜50代の女性の脱毛の主な理由は、加齢による女性ホルモンの低下で、ホルモンバランスが崩れてしまうことで発症してしまうようです。

びまん性脱毛症」や「女性男性型脱毛症」などの種類があります。

ただ、はっきりとした原因がわからないということで、とてつもない恐怖の日々だったとジェイダさんは話しています。

そんな恐怖と辛い日々を乗り越えられたのは、ウィルスミスや息子と娘が支えてくれたからなのでしょう。

今後もそんな大きな家族の愛で病気を乗り越えていってほしいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は話題になっているウィルスミスのビンタ事件についてご紹介しました。

大前提、暴力というのは許されるものではありません。

しかし、理由を深く知ると、全面的にウィルスミスが非難されるのもどうかと思います。

自分の大切な人が、苦しんでいるのに侮辱され傷つくなんて耐えられないですよね。

ジェイダさんの病気は、誰がなってもおかしくない病気です。

今回のウィル・スミスの事件で、世の中に脱毛症の存在や、人を尊重し合うことの大切さが広まってくれたらいいですよね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる