小川雅朝の素顔と職業は?トー横卍会のハウルの経歴プロフィール

ボランティア団体「歌舞伎町卍会」の代表である小川雅朝(おがわまさとも)が、16歳の少女にみだらな行為をしたとして、逮捕されました。

小川雅朝は、新宿歌舞伎町のトー横と呼ばれるエリアで、炊き出しや清掃活動を行っており、その活動がメディアで取り上げられたこともあるそうです。

そんな活動をしてた人がなぜ逮捕されたのか、小川雅朝とは一体どんな人物なのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

「ハウル・カラシニコフ」と名乗る小川雅朝の人物像について、まとめていきます!

目次

小川雅朝の素顔は?

新宿歌舞伎町のトー横と呼ばれるエリアで、炊き出しや清掃活動を行っているボランティア団体「歌舞伎町卍会」

その代表が「ハウル・カラシニコフ」と名乗る小川雅朝です。

自身のTwitterアカウントでは、活動内容の様子がたくさんアップされています。

ゴミ拾いをしたり、行き場がない子供たちに食事を振る舞ったりしています。

小川雅朝はどんな素顔なのでしょうか?

Twitterで小川雅朝のうつる写真がありました

小川雅朝の経歴プロフィール

現在SNSアカウントは凍結されていますがトー横のハウルとして界隈では有名だったそうです。

「歌舞伎町卍会」の代表小川雅朝は、3年前からボランティア活動をスタートさせました。

歌舞伎町ホストで資金を貯め、彫り師としても活動していたようです。

自身もかなりたくさんのタトゥーを入れているようですね。

今回、小川雅朝は、16歳の少女とみだらな行為をしたとして、都青少年健全育成条例違反で逮捕されました。

しかし、逮捕されたのは今回が初めてではないんです!

実は、2015年にも逮捕歴がありました!

当時25歳の小川雅朝は、10代の女性を自宅に連れ込み、暴行したそうです。

しかしこの事件については、ハニートラップ説が浮上し、最終的に不起訴処分となっているようですね。

事件当時は、システムエンジニアとして働いてたそうですが、事件以降は、知的障がい者施設などで働いていたと、その後のメディア出演で話しています。

さらに、以前YouTubeのインタビューでは

夢は、児童養護施設を建てること

と話していたそうです。

どこまでが本心か分かりませんが、事件を起こすような人物とは思えない発言ですよね

NHKクローズアップ現代に出演歴も

小川雅朝は、2022年2月に、NHKの報道ドキュメンタリー番組「クローズアップ現代」に出演しています。

歌舞伎町のトー横に集まる少年少女を特集した際、善意の人として、登場していました。

子供たちが相談をする存在として紹介され、食事を振る舞ったり、援助交際をする少女に対して厳しい言葉で諭す姿も、取り上げられていたようですね。

番組の最後には「ハウルさんのような人が必要」と締めくくられていました。

なんと、小川雅朝が登場したこの回は、放送批評懇談会の「2月度ギャラクシー賞月間賞」まで受賞したそうです!

しかし逮捕の報道を受けて、現在は、番組の公式HPから小川雅朝に関する記事は、全て削除されています。

まとめ

未成年にみだらな行為をしたとして、逮捕された小川雅朝は、ボランティア団体「歌舞伎町卍会」の代表「ハウル・カラシニコフ」を名乗っていました。

小川雅朝自身のSNSでは、様々な人に食事を提供したり、清掃活動の様子がたくさん載せられています。

さらに、2022年2月にはNHKのクローズアップ現代にも出演し、少年少女の相談相手として、その活動も紹介されていました。

小川雅朝の素顔はかなりイカつい見た目ですが、将来の夢は、児童養護施設を建てることと話していたそうです。

そうした発言やボランティア活動にしても、事件を起こすような人とは思えない言動ですよね。

どんな思いで子供たちと接していたかは分かりませんが、子供たちへの善意は嘘ではなかったと願わずにはいられません。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次