中西アルノのパパ活疑惑炎上の真相は?噂はデマで事実無根!?

アイドルグループの乃木坂46に5期生として新加入したに中西アルノさん。
加入後1 ヶ月半という異例の早さで、新曲の「Actually」のセンターに大抜擢されました。
元々は一般人として被写体モデルの活動をしていたそうです。
その時の、活動がパパ活ではないかと噂になっています。
中西アルノさんの経歴や、パパ活疑惑の真相について調査してみました。

目次

中西アルノは元被写体モデル

中西アルノさんは、乃木坂46に加入する前まで「ある」という名前で被写体モデルとして活動していました。
事務所に所属しているわけではなく、個人としてコットン撮影会と平日撮影会に所属をしていたようです。
所属している撮影会はどちらも、ネット上でカメラマンがモデルとスケジュールを予約するものとなっています。
個人のSNSも公開しているため、SNS上で連絡を取ることもあるようです。
10代には見えないクールな面と、少し無邪気な可愛らしい面を持った中西アルノさんは、撮影会の枠がすぐに埋まってしまうほどの人気を誇っていたそうです。

中西アルノの被写体モデルとは?どんな活動?

被写体モデルとは、撮影される側のモデルが主役ではなく、撮影する側のカメラマンが主役です。
カメラマンの腕を上げるための練習台になったり、カメラマンが作りたい作品の一部になったりします。
誰でも被写体モデルになることができますが、カメラマンはプロではなく趣味でカメラをいじっているアマチュアであることがほとんどです。
カメラマンが指定したシチュエーションやテーマに基づいて、写真の中でいろんな自分を表現していく活動です。
もちろん、カメラマンから場所や服装を指定されることもあります。
報酬の相場額は数千円~1万円程です。基本的にどちらかから提示され、提示された側が合意することで決定します。
被写体モデルとして、人気になればなるほど報酬アップが期待できます。

中西アルノパパ活の疑惑炎上の理由は

被写体モデルとして活動していたころの写真をみると、露出が多い写真や、ベッドでの写真、ホテルでとられたと思われる写真があります。
未成年である中野アルノさんを個室で男性が撮影していたという事で、怪しいという声が上がってしまったのかもしれません。
また、太ももや胸元をギリギリまで露出している写真や、コスプレをしている写真もあったことも多くの人を勘違いさせる要因になっています。
カメラマンのテーマに沿って作品の一部になり、お金をもらうのが被写体モデルであるという事が、あまり知られていないからこそ風評被害にあってしまったと考えるのが自然でしょう。

また、写真以外でもパパ活が疑われてしまった理由があります。
それは、中野アルノさんを撮影していたカメラマンが、ご飯に一緒に行ったという内容のツイートをしていることです。
被写体モデルとして活動する中で、ご飯に行くというのは、仕事ではなくプライベートになるため、怪しい関係なのではないかと疑われてしまっています。
怪しい関係かはさておき、被写体モデルはSNSでも撮影者を募集し個人でやりとりする事もあるため、通常のモデルとカメラマンの関係よりは距離が近く見えてしまうのかもしれません。
何回も同じ人の撮影を受けていれば、仲良くなるのも、撮影後や撮影の合間にご飯に行くのも自然なことのように思えるので、パパ活というワードだけが独り歩きしているようにも思えます。

乃木坂事務所から事実無根と注意喚起

中西アルノさんの過去に対し炎上してしまったことに、乃木坂事務所が公式サイトにて、事実無根の情報での誹謗中傷につき注意喚起を行う事態となりました。
しかし、注意喚起後もファンの間ではざわつきがとまらず、SNS上も誹謗中傷が続いてしまっています。
清純派アイドルグループとして売り出している乃木坂46のオーディションを潜り抜けてきた中西アルノさん。
オーディションの審査員が、被写体モデルの経歴を知らなかったということは、考えにくいと思います。

まとめ

今回は、中西アルノさんの経歴や、パパ活疑惑の真相について調査しました。
被写体モデルについて、あまり知られていないことが原因でパパ活と勘違いされてしまっているようです。
事実無根の誹謗中傷は相手を傷つけるだけで、誰も得をしないのでやめましょう。
でたらめな疑惑を消し去るくらいの活躍を期待しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる