ミスドヴィタメールいつまで販売?売り切れ続出で買えないほど人気!?

毎回人気となるミスドのコラボ商品ですが今回はなんとベルギー王室御用達のパティスリーブランド「WITTAMER ヴィタメール」とこらぼして4種類の商品を販売することが決定しました。

去年発売されたピエールマルコリーニは爆発的な人気で売り切れ続出してしまうほどだったのを記憶に新しい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

人気のパティスリーブランドとのコラボとなれば普段ミスドを買わない方も買いにいきますよね。
「まるでケーキ」というPRワードがあるように期待値たっぷりのヴィタメールコラボいつからいつまでの販売なのでしょうか。

売り切れが予想できるので買えないことがないように比較的買える時間なども調査してみました。

目次

ミスドヴィタメールの販売期間はいつからいつまで?

WITTAMER ヴィタメールとミスドのコラボ商品はいつからいつまでの販売なのでしょうか。
なんとヴィタメールが共同開発して商品をリリースするのは今回が日本で初めての試みなんです!
人気のパティスリーブランドと初めてのコラボ商品だなんてこれは食べるしかないです。

先行販売している店舗もありますが気になる販売期間は以下のとおりです。

2022年1月7日(金)~2022年2月下旬頃※順次販売終了

ミスドの冬といえばショコラドーナツというのが風物詩になっていますよね。
去年のピエールマルコリーニも同時期の販売でしたが、2月上旬にはもう販売していな店舗も続出していたようです。

公式には2月下旬までと発表されていますが、おそらく今回も2月下旬頃にはほとんどの店舗では終了している可能性があります。

また、今回4種類の販売となっていますが終了期間間近になると2種類だけになっているということも予想できます。

ちなみにヴィタメールはチョコレート菓子を百貨店で購入したことがありますが本当に美味しくて感動した思い出があります。コンビニのチョコレートで満足していた自分とさよならしてしまった感じがありますが、至福の時とはこうゆうことと感動したんです。

お取り寄せもできますので気になる方は是非食べてみてくださいね♪

ミスドヴィタメールは開店前に並んで購入?

毎シーズン人気の共同開発ドーナツですが、ピエールエルメ、ピエールマルコリーニとのコラボの際は開店前に行列ができるという現象が起きていたのです。

というのも閉店間際の店舗にはおそらくほとんどの店舗では購入ができないです。
店舗によって焼き上がりの時間などは異なるかと思いますが、ほとんどの店舗では閉店間際には残ったドーナツを売り切るために箱詰めにして安く販売したりしていますよね。

レギュラー販売のドーナツも数少ない在庫になる時間なので人気のコラボ商品は閉店間際の店舗に残っていたら奇跡に近いといえます。

店舗によっては焼き上がりのお時間を目安として教えていただけることもあるので開店前に並ばずともその時間を目指していくことをおすすめします♪

焼き上がり時間が4種類同時になればコンプリートできそうですよね♪
ミスドの店員さんは親切な方が多い印象なので焼き上がり時間を事前に教えてくれるかと思います。

10:00に焼き上がりますというパターンと、1時間後ですというパターンがありそうですね。
いずれにしても一度店員さんにお伺いしてみることで確実にゲットできるのではないかと思います。

ミスドヴィタメール店舗によっては予約可能!?

去年やおととしのコラボ商品発売の際の情報になりますが、店舗によっては予約販売してくれるところがあったようです。必ずしも今回のヴィタメールのコラボ商品も予約できるのかは明らかではないですが、過去に事例があったということは情報として持っておいたほうがよさそうですよね。

過去の状況を調査してみると…

  • 予約販売ができる店舗とできない店舗がある
  • 予約販売しか対応していない店舗がある

お近くの店舗ではどのような対応になるのか事前に確認したほうがよさそうですね。
ミスタードーナツの店舗検索はこちらからできます♪

まとめ

ミスドの冬といえばショコラドーナツのコラボ商品!ということで2022年のコラボ商品はヴィタメールとの共同開発がリリースされることになりました。

ベルギー王室御用達のパティスリーブランドが共同開発をするのは日本で初めてのようで期待値が膨らみますよね。
チョコレート菓子やケーキが大人気のブランドとのコラボは間違いなさそうです。

販売期間は1月7日から2月下旬頃までの限定販売となっています。
焼き上がり時間を確認して店舗に向かうか、予約可能な店舗もあるようなので事前確認をおすすめします♪

過去にコラボしたピエールマルコリーニやピエールエルメも大盛況だったので今回も売り切れ続出が予想されますね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる