羽生結弦アイスショー2022倍率は?当選確率や当たりやすい会場予想

フィギュアスケーター・羽生結弦さんの、単独アイスショー「プロローグ」の開催が発表されました!

2022年11月に横浜、12月に八戸と、計2ヶ所で4公演の開催となります!

プロへの転向後初となるアイスショーになりますが、気になるのはチケットの倍率ですよね。

この記事を読まれている方はこのような疑問をお持ちではないでしょうか。

羽生結弦アイスショーのチケット倍率は?
当たりやすい狙い目の公演はある?

\この記事を読んでわかること/
  • 羽生結弦アイスショーチケット倍率
  • 羽生結弦アイスショー穴場となる公演
目次

羽生結弦プロ転向後初の単独アイスショー開催

フィギュアスケーター・羽生結弦さんのアイスショー「プロローグ」の開催が、発表されました!

プロへの転向後初の単独アイスショーとなりますね♪

タイトルの「プロローグ(序章)」は、羽生結弦さん自身が命名されました。

プロとして歩み出した羽生結弦さんにとって、

これから、色んな物語が紡がれていくように。
このアイスショーがその物語のプロローグとなるように。

との思いが込められているんですね。

今回のアイスショーは、ロゴデザインステージ構成など、全て羽生結弦さん自らが総合プロデュースをしているそうです!

とても楽しみですね^^

羽生結弦アイスショープロローグ

【横浜公演】
ぴあアリーナMM
11月4日(金) 18:00
11月5日(土) 14:00

【八戸公演】
フラット八戸
12月2日(金) 18:00
12月3日(土) 14:00

開催発表に伴い、横浜公演のテレ朝チケット先行販売が、2022年10月5日(水)10:00~開始となりました!

【横浜公演】
テレ朝チケット先行販売
→2022年10月5日(水)10:00~10月10日(月)23:59
一般発売
→2022年10月22日(土)10:00~

【八戸公演】
チケットの詳細については、まだ発表されていません

【チケット料金】
プレミア 25,000円
アリーナ 22,000円
スタンドSS 20,000円
スタンドS 18,000円
スタンドA 15,000円
車いす席 18,000円
※全席指定、税込み価格です。

現在、申し込み可能のチケットは横浜公演のみなので、ご注意ください!

羽生結弦アイスショー『プロローグ』
公式WEBサイト‥PROLOGUE | プロローグ オフィシャルサイト | Yuzuru HANYU | 開催概要日程・チケット情報 (prologue-official.jp)

羽生結弦アイスショー2022プロローグチケット当選倍率は?

フィギュアスケーター・羽生結弦さんのアイスショー「プロローグ」の開催が、発表されました。

気になるチケットの倍率ですが、各会場のキャパ(収容人数)から、当選倍率を予想していきたいと思います!

各会場のキャパ、公演数、総動員数はこちらです。

【横浜公演】11/4(金)~11/5(土)
ぴあアリーナMM
キャパ9.000、2公演、総動員数18.000

【八戸公演】12/2(金)~12/3(土)
フラット八戸
キャパ4.000、2公演、総動員数8.000

全4公演での総動員数は、合計26.000人となります!

当選倍率を予想するのに重要な応募総数ですが、アイドルのように、公式ファンクラブがあるわけではありません。

なので、SNSのフォロワー数を参考に、応募総数を考えたいと思います。

羽生結弦さんのSNSのフォロワー数(2022.10.5現在)は、

Twitter…135.000人
Instagram…199.000人

2022年9月30日に開設されたばかりで、このフォロワー数まで伸びています!

すごいですよね^^

もちろん、フォロワー全員が応募するわけではありません。

SNSには海外のフォロワーも多数いる
チケット応募期間が短く、予定を調節しずらい
料金的に、学生さんなどはハードルが高い

などの理由から、約3~4割程度の50.000人が応募すると、仮定します。

チケットは、1人につき2枚まで申し込みが可能なので、いくつかのパターンで予想していきたいと思います♪

倍率の計算方法は…
応募総数(チケットの申し込み数)
÷総動員数(収容人数)です。

全員が1人2枚申し込む場合

応募人数と仮定する50.000人の、全員1人2枚申し込みをすると考えます。

【全員が1人2枚申し込みをした場合】
応募人数(50.000)×2枚=100.000
応募総数が100.000となります。
100.000(応募総数)÷26.000(総動員数)=3.84

応募人数の全員が、1人2枚申し込んだ場合の倍率は約3.84です。

7割が1人2枚申し込む場合

応募人数と仮定する50.000人の、6割1人2枚申し込みをすると考えます。

【6割が1人2枚申し込みをした場合】
応募人数の6割(50.000×0.6=30.000)×2枚=60.000
応募人数の4割(50.000×0.4=20.000)×1枚=20.000
60.000+20.000=80.000
応募総数が80.000となります。
80.000(応募総数)÷26.000(総動員数)=3.07

応募人数の7割が、1人2枚申し込んだ場合の倍率は約3.07です。

しかしこれはあくまでも、予想です!

プロ転向後初となる単独アイスショーなので、かなり注目されていますよね。

いずれにしても、チケットの倍率は高くなることが予想されるのではないでしょうか!

羽生結弦アイスショー2022プロローグ当たりやすい日程や会場は?

羽生結弦さんのアイスショー「プロローグ」は、

横浜公演‥11月4日(金)・5日(土)
八戸公演‥12月2日(金)・3日(土)

の4公演となります。

当たりやすい狙い目の会場はあるのでしょうか?

通常、コンサートなどでチケットの倍率が高くなるのは、

平日よりも土日祝
地方よりも関東圏

だと言われています。

なので、ずばり狙い目となる公演は、

12月2日(金) 八戸公演

ではないかと、予想します!

遠征するなら楽天トラベルが断然おすすめです。
楽天カード会員なら楽天ポイントがザクザク貯まりお得に旅行へ行けてしまいますよ♪
お得にレンタカーも予約できます!

\ カード会員は毎月1000円クーポン /

お得なクーポンも定期的に配布しています

まだ楽天カードをお持ちではない方はこちらから申し込みができます。
新規入会&利用で5000ポイントプレゼント!

まとめ

フィギュアスケーター・羽生結弦さんのアイスショー「プロローグ」が、11月4日(金)の横浜公演を皮切りに、横浜・八戸の2ヶ所で計4公演開催されます。

横浜公演のテレ朝チケット先行販売は、2022年10月5日~10月10日となっています!

一般発売は、2022年10月22日(土)10:00~ですね。

八戸公演のチケット申し込み期間と異なるので、ご注意ください。

公式ファンクラブがないので、応募人数が読めませんが、SNSフォロワー数の3~4割となる50.000人が応募すると予想すると、チケットの倍率は、

50.000人の全員が1人2枚申し込む場合で約3.84
50.000人の6割が1人2枚申し込む場合で約3.07

と、なります。

そして、4公演の中でも狙い目となるのは、12月2日(金)の八戸公演ではないかと予想します♪

プロ転向後初となる、記念すべきアイスショーに、1人でも多くの方が行けることを願っています!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次