カムカムエヴリバディけったい侍珍道中のモデルは?菊之助が面白い!

カムカムエヴリバディで登場する架空の時代劇銀幕のスター桃山剣之介さんが亡くなり、息子である桃山団吾郎がコミカルなけったい侍として登場しましたね。

モモケンのファンであり、ジョーが心動かされた名シーンをあかにしの店主吉右衛門さんとチャンバラをするなど非常に楽しい展開でした。

モモケンとけったい侍は同じ尾上菊之助さんが演じられていますがこの2役のギャップがすごいですよね。けったい侍珍道中の続きが気になるなどネットでも話題になっていました。

そんなけったい侍珍道中ですが昭和に放映されていた同じような番組をモデルにしているのではと思いました。今回はカムカムエヴリバディ劇中に登場したけったい侍珍道中について深堀りしてみました。

目次

けったい侍とは?けったいってどんな意味?

劇中に登場するけったい侍とは、銀幕スターであるモモケンこと桃山剣之介の息子である桃山団五郎の番組「けったい侍珍道中」に登場するけったい侍です。

カムカムエヴリバディの第13週に登場しています。
時代劇のスターであったモモケンとは正反対の「けったい」な侍としてテレビに出ています。

「けったい」とは関西の方言なんです。

主に変な、おかしな、奇妙なという意味で使われる形容詞で「けったいな人やなぁ」とか「けったいな話やなぁ」という感じで使用されます。

けったい侍とは「(おもしろ)おかしな侍」という意味ですね。

急に劇中に登場したけったい侍ですが、視聴者からはもっと見たいと人気の声があがっていました。

けったい侍を演じているのは尾上菊之助さん

けったい侍を演じているのは尾上菊之助さんです。
モモケンも演じていたのでカムカムエヴリバディでは1人で2役を演じられていました。

時代劇のスターとしてのモモケン、コメディ番組のけったい侍はまさに正反対に位置する役でしたが菊之助さんの2つの姿が観られてよかったですよね♪

映画(テレビ)を通して「暗闇でしか見えぬ物がある」「暗闇でしか聞こえぬ歌がある」という名言でジョーを勇気づけてくれたモモケンでしたが、けったい侍はどのようにしてるいやジョーと関わっていくのでしょうか。

これからの展開が楽しみですね。

けったい侍のモデルは「てなもんや三度笠」?

ドラマと同じ時代の昭和に放送されていたコメディ時代劇番組で「てなもんや三度笠」という番組がありました。
白黒のテレビ放送時代ですね。
るいとジョーが京都に住んでいたのは昭和39年頃と設定されています。
てなもんや三度笠が放送されていたのは昭和37年頃なので時代背景は同じと考えたらこのコメディ時代劇番組がモデルになっているのではと考えました。

てなもんや三度笠は藤田まことさんが主演もコメディ時代劇番組として当時なんと最高視聴率脅威の64.8%を記録した超人気番組でした。

主に関西で人気の番組で有名なギャグ「あたり前田のクラッカー」というフレーズはこの番組から生まれたんです。

番組の提供が前田製菓であったことから「俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー」と劇中でもコマーシャルのフレーズが取り入れられていたんですね。

あの時代にほとんどの人が見ていた超人気の時代劇コメディでした。


てなもんや三度笠の放送当時の映像はamazon primevideoで視聴が可能です。

amazon primevideo 1ヶ月無料体験ができるので、その期間内であれば無料で聴き放題!

\映画やドラマの名作たっぷり /

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。
無料期間終了後もなんと月額500円で楽しめます
※年間プランなら実質408円

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる